福岡の七五三は日本三大八幡 筥崎宮へ。


筥崎宮の歴史

七五三

【七五三】
七五三はこの年頃の子どもの年祝いをする古くからの風習に由来するものです。
江戸幕府五代将軍徳川綱吉の子・徳松が天和元年(1681)11月15日に髪置きの祝いを行った事からこの日を祝いの日にしたといわれています。
・三歳(髪置/かみおき)
男女児ともに行われた儀式で、それまで剃っていた髪をこの日を境に伸ばし始めたとされます
・五歳(袴着/はかまぎ)
五歳の男児が袴を着け始めた事に由来します
・七歳(帯解/おびとき)
七歳の女児はそれまで付紐で着ていた着物から帯でしめる着物にかえました
昔は、病気などで幼くして命を落とす子どもも多く、順調に年を重ねることは決して当たり前ではありませんでした。また「七歳までは神の内」といって、子どもは神様からの預かり物で神聖なものとされていました。そういった背景も含めて、成長を祝う儀式としての七五三が定着していったと伝わっています。

お子様の年齢については「満」「数え」のどちらでも可です。伝統としては「数え」での年齢ですが、最近ではどちらのお子様もお参りにこられます。お子様の成長の様子や、家族の状況などもふまえて、選ぶと良いでしょう。 また、時期については11月15日が正式なお祝いの日ですが、最近はお参りに来られる方も10月末~11月末と分散傾向にあります。最も多いのが11月15日前後の土・日曜日です。

おはじき

期  間11月1日~30日
受  付9:00~16:30(予約不可・随時受付)
所要時間約15分(ピーク時は約30分)
初 穂 料お子様1名で5,000円、2名が8,000円、
3名が10,000円となっております。
授 与 品千歳飴、お守り、祝い袋(文房具セット他)
備  考受付:個人/団体 出張:不可
※本殿での結婚式、神事中はご祈願お受付を出来かねる場合がございます。ご予定されておられる日時のスケジュールにつきましては事前にお電話(092-641-7431)でのご確認をお勧めします。

会場・駐車場のご案内
周辺道路は駐車禁止ですので駐車場をご利用ください。
駐車場への出入りは国道3号線からお願いします。
国道3号線を横断される際は、横断歩道か歩道橋をご利用ください。

  • 七五三
  • 七五三
  • 七五三
  • 七五三
手水の作法
  • 手水の作法 一礼をし右手で柄杓を取り、手水をすくい最初に左手を清める。
  • 手水の作法 柄杓を左手に持ち替えて右手を清める。
  • 手水の作法 柄杓に直接口をつけず、左の手のひらに少量の水を溜めその水を口に含む。
  • 手水の作法 音を立てずにすすいで口を清めた後、左手で口元を隠してそっと吐き出す。
  • 手水の作法 左手をもう一度清める。
  • 手水の作法 柄の首を立てて傾け、残った水で柄の部分を洗う。柄杓を元の位置に戻し、もう一度一礼をする。
参拝の作法
  • 参拝の作法 拝殿の前に立ち、一礼する。
  • 参拝の作法 お賽銭を静かに賽銭箱に入れる。
  • 参拝の作法 二度、深く礼をする。
  • 参拝の作法 二度、拍手を打つ。
  • 参拝の作法 手を合わせたまま、お祈りする。
  • 参拝の作法 最後に、一礼をする。