筥崎宮からのお知らせ「平成29年 厄はらい祈願祭のご案内」


お知らせ

お知らせ
一覧へ

平成29年 厄はらい祈願祭のご案内

厄はらい

人生において特に忌み慎まなければならない年齢があり、それを厄年といいます。
「厄」は「役」という謂われもあり、社会的にも認められる役目を負う年齢を意味します。
また、厄年を迎える年齢はちょうど精神的・身体的に転換期を迎える時期と重なり、体調を崩しやすいものです。
特に男性では42歳、女性では33歳の前後の年を合わせて大厄(一番大きな厄)として特に慎むことが必要とされています。
筥崎宮では、御本殿での厄祓祈願祭を随時受付けております。
平成29年厄年(※数え年)の年齢は、数え年で男性の25歳(平成5生)、41歳(昭和52年生)、42歳(昭和51年生)、43歳(昭和50年生)、女性の19歳(平成11年生)、32歳(昭和61年生)、33歳(昭和60年生)、34歳(昭和59年生)、37歳(昭和56年生)です。
「厄年」を上手に乗り越えて、さらに飛躍した人生を送りましょう。

真冬の下で大輪咲かせる「冬ぼたん」

■ 開園時間/9:30~16:30

■ 入園料/大人500円(中学生以下は無料)

■ 場所/筥崎宮 神苑花庭園

■ 問い合わせ/092-641-7431 筥崎宮社務所

枯山水の庭園に常時20品種200株の冬ぼたんが咲き乱れます。

尚、おまいりの後は筥崎宮迎賓館で庭園を眺めながら、お食事を楽しむことができます。

定休日 :水曜日
営業時間:ランチ11時~午後2時 ディナー午後6時~午後9時(ご予約・お問い合わせ 092-651-1100)

image1 image2 image3 image4