博多三大祭りに数えられる放生会をはじめ四季を通じて筥崎宮で行われるお祭りを一覧でご案内。


筥崎宮の歴史

筥崎宮の祭りは博多っ子を熱くさせます。

筥崎宮で行われる祭りは博多の街の風物詩になっています。
特に博多三大祭りの「放生会」はのべ100万人が訪れる九州隋一の祭りで、正月に執り行われる「玉せせり」は
締め込み姿の競り子達による勇壮な祭り。博多には無くてはならない祭りのひとつです。

筥崎宮のお祭りこよみ

※月次祭(毎月1日と15日 但し1/1、9/15は開催なし)

春

春季社日祭
春分の日(秋は秋分の日)に近い戊(つちのえ)の日を社日といい、博多では古くから箱崎浜の真砂をお潮井と呼んで「てぼ」と云われる竹かごに納めて身を清める風習があります。 詳細はこちら dot
さつき大祭
日本海海戦の偉業を称え、世界平和を祈るとともに彼我戦没者、海洋殉職者を慰霊する祭典。 詳細はこちら dot

春季社日祭

さつき大祭 祭こよみへ

夏

池島殿祭
手足の健康を祈る、東末社”池島殿”の祭典。 詳細はこちら dot
七夕祭
福博の知名士が三十畳以上ある和紙に大字を揮毫します。 詳細はこちら dot
夏越祭
楼門前に据えられた茅の輪をくぐり、罪穢を祓う暑気祓いの祭典。 詳細はこちら dot

池島殿祭

夏越祭 祭こよみへ

秋

放生会
博多の三大祭り放生会は「全ての生命あるものを慈しみ、秋の実りに感謝する」お祭りです。その起源は「合戦の間多く殺生すよろしく放生会を修すべし」という御神託によるもので、千年以上続く最も重要な祭典です。また、一年おきに御神幸(御神興行列)が行われ、七日間の期間中は参道一帯に数百軒の露店が立ち並ぶ、九州随一の秋祭りです。 詳細はこちら dot
秋季社日祭
秋分の日に近い戊(つちのえ)の日に箱崎浜の真砂を納めて身を清めます。 詳細はこちら dot
七五三
子供の健やかな成長を祈る祭典。 詳細はこちら dot
新嘗祭
宮中での神事にあわせて新穀の収穫を感謝する祭典。
dot
初卯祭
dot

放生会

放生会

七五三 祭こよみへ

冬

御降誕祭
御祭神である応神天皇のご誕生を祝う祭典。
dot
天皇誕生祭
今上陛下のご生誕を祝う祭典。
dot
なまこ餅つき
箱崎の漁師に伝わる餅つきで、つきがあがった餅をなまこの形に整え、元旦にお供えされます。
dot
御胞衣祭
応神天皇の御胞衣を鎮め祀った縁日にあたる祭典。
dot
月次祭
詳細はこちらdot
三元祭
年の始め、月の始め、日の始めという意味で元旦に執り行う祭典。
dot
玉取祭
玉取祭は一般に「玉せせり」と呼ばれ、古来より盛大に行われています。触れると悪事災難を逃れ幸運を授かるといわれる木製の玉をめぐり、締め込み姿の競り子達が激しい争奪戦を繰り広げます。 詳細はこちらdot
承天寺一山報賽式
鎌倉時代の聖一国師より続く承天寺一山の僧侶の方のお礼参り。 詳細はこちらdot
建国記念祭
神武天皇の即位を偲び、建国を祝う祭典。
dot
祈念祭
五穀豊譲、国家安泰を祈る祭典。
dot
初卯祭
御祭神の八幡大神に縁の深い卯の日に行われる祭典。
dot

なまこ祭

月次祭

玉取祭

玉取祭

承天寺一山報賽式

承天寺一山報賽式 祭こよみへ