筥崎宮からのお知らせ「敵国降伏のいわれ その真意」


お知らせ

お知らせ
一覧へ

敵国降伏のいわれ その真意

筥崎宮楼門に掲げられる
敵国降伏とは、鎌倉期に
亀山上皇が納められた
御宸筆(天皇の自筆)を
楼門建立の際、小早川隆景公
が模写拡大し掲げたものです
その真意は、武力で相手を降伏させる
(覇道)ではなく、徳の力をもって導き、
相手が自ずから靡(なび)き降伏するという
王道である我が国のあり方(真の勝利)を説いています

image1 image2 image3 image4